妊娠中!便秘解消には酸化マグネシウムより●●が効果的

  point_01

 

つらい妊娠中の便秘。

 

産婦人科で処方してもらった便秘薬や、酸化マグネシウムを

飲んでいる人も多いかもしれません。

 

しかし、なんと便秘薬に頼らなくても

便秘を解消する方法があったのです!

 

妊娠中の便秘の原因は腸の圧迫と腸内環境の変化だった!

574695822_orig

妊娠中は便秘になる人がとてもたくさんいます。

 

原因は、大きくなった子宮によって、腸が圧迫され、

便が出にくくなること。

 

加えて、羊水をつくるのに多くの水分が必要なため、

大便中の水分が減ってしまい、便が堅くなるのが理由です。

 

これらを原因とした便秘は避けられません。

 

しかし、身体にも赤ちゃんにも無害とはいえ、

薬は飲みたくないもの。

 

こんなとき、酵素の力を使って便秘を解消するのが

おススメです。

 

妊娠中でも安心して酵素を飲むために注意したいコトとは

Efficient-Weight-Loss

酵素は食物に含まれており、ママと赤ちゃんにとって、

いいことこそあれ、悪いことはありません。

 

むしろ、普段の食事だけではとることができない

酵素由来の栄養素がとれるため、おススメしています。

 

しかし、飲み始めは注意が必要です。

 

というのも、今まで飲んでいなかったものを飲むので、

始めは少しずつ、というのが大切です。

 

中には、酵素の働きで腸の働きが活発になりすぎて、

下痢になってしまうことのあるのです。

 

体に悪い影響はないとしても、お腹の痛い下痢は

避けたいものです。

 

こうしたことから、始めは少しずつ様子を見ながら、が

鉄則です。

 

出産後の授乳期でも安心して飲める酵素もある?

yjimage.

妊娠中に問題がおきなければ、出産後も続けて

飲んでも問題ありません。

 

酵素は基本的に食物由来の成分であるため、

お母さんがアレルギーなどで、原因となる物質が

含まれていなければ、飲むことができます。

 

むしろ、出産後は、授乳などので体力低下が

はなはだしいもの。

 

飲み続けることで体力回復も期待できます。

 

酵素には、体力低下による睡眠不足の解消や、

体調を整える働きもあります。

 

これらの働きは、通常の食事だけでは

補えない場合もあります。

 

そのため、産後の体力回復と、授乳の際には

より積極的に酵素を取り入れることがおすすめです。

 

>>大人気こうじ酵素を今すぐ確認する<<

 

 

コメントを残す